2024年02月26日

菊組の卒園遠足に行ってきました

八千代幼稚園では今年もキッザニア東京に行きました。
キッザニアは働くことの意味や社会の仕組みを理解するための場がコンセプトです。
生き生きとした楽しそうな子供たちの顔、銀行に通帳を作りに行く時のドキドキした顔。
3年前、園児たちの色々な顔を見た時に本当にここを選んでよかったと実感したものです。
さらにはグループにて同じところに行き、同じ食事を食べるため、事前に何度も先生と一緒に、
みんなで相談して物事を決めるという社会経験も有意義だと考えています。

教育的効果が大きい銀行に通帳とカードを作りに行くことと、JCBカードに行ってカードを作ることは、全員が体験すると決めておりました。
今年の菊組さんは、幼稚園入園の前年にコロナによる緊急事態宣言発令を受けた学年です。
入園前からマスク生活をしていたこともあり、コロナによって残念ながら社会経験の少ない園児達でもあります。そのような意味合いからも、キッザニアの卒園遠足は子供たちにとって良い経験にもなったと思っています。





銀行やカード会社にて緊張しながらも通帳を作りカードを作っているところ
IMG_1949.jpg

IMG_1956.jpg
















警察官になってパトロールしているところ
IMG_1935.jpg
カーライフサポートにて車の点検中
IMG_1971.jpg
















ポン酢工場にて説明を受けているところ
IMG_1990.jpg
posted by 八千代幼稚園 at 17:32| お知らせ

2024年02月07日

本日(2/7)、きく組さんによる「キッズベルコン」が行われました。

キッズベルコンは、子様たちに楽しく給食づくりを体験していただけるよう、給食工場で使用している機械を子供用にコンパクトに、安全に開発したものです。

八千代幼稚園で給食をお願いしているドリームガーデンズのスタッフが、食材と一緒に機材を運びこみ、朝からセッティングしていました。
7つのおかずのパートを7名の園児がそれぞれ受け持ち、責任をもって弁当箱内に置いていきます。

はじめに給食センターからのお話があり、そのあと7人ごとにマスクをつけ、割烹着を着てアルコール消毒をしました。
7人の園児が配置についてから、給食づくりの指導をします。
全員が何食分かお弁当(おかず)を作成して終了となりました。

自分たちの給食を、皆で協力して創りあげる喜び。
自分たちが食べる給食を、自分たちの手で作る楽しさ。
皆で協力して創りあげる喜び。
それらを味わったものと考えております。
本当に楽しかったようで、またやりたいと口々に言っていました。
皆で協力して一緒に給食を作ることによって、今まで嫌いだったおかずも食べられるようになることも期待しています。


  はじめに説明を聞いているところ
IMG_1856.jpg


   配置につき説明を受けているところ
IMG_1860.jpg













   実際におかずを入れているところ
IMG_1865.jpg
posted by 八千代幼稚園 at 11:46| お知らせ

2024年02月06日

八千代幼稚園にて「森の教室」が行われました

森の教室とは、子供たちに「昔から日本人が森林と深く関わり生活してきたこと」や、
「森林が持つ様々な役割 とその大切さ」を伝えるために始まった、
農林水産省傘下国土緑化推進機構主催の全国巡回型のプロジェクトです。
子供たちに児童劇の形で森の重要性を教えるプロジェクトです。

劇にはどんぐりくんとふぁみたんというキャラクターも登場し子供達は大喜びでした。
どんぐりくん:森づくりの名人で日本中の森を育て、守り、多くの動物たちと森で暮らす森の住民。
ふぁみたん:森づくりのためにつくられたAIロボットで、どんぐりくんの森づくりをサポートする大切なお友だち。※夢の懸け橋募金として緑化運動を継続しているファミリーマートのキャラクター。

最後に用意したプランターに全員でどんぐりを植えて終了となりました。

森の教室はかなり大がかりな舞台設定と音響でした。
10時から開演の2時間前には先発隊が到着しており、分かりやすくて楽しい劇となっていました。

八千代幼稚園では今後もこのような機会を提供していければと考えています。


今回の八千代幼稚園の公演用に準備されてきた公演の看板
IMG_1818.jpg




   ホールに完成した舞台装置
IMG_1820.jpg












森のお姉さんとどんぐりくんとふぁみたん
IMG_1833.jpg
posted by 八千代幼稚園 at 11:03| お知らせ

2024年02月02日

豆まきとお渡しした枡について

〇豆まき
本日、八千代幼稚園では節分の豆まきを行いました。
固い豆は誤嚥を引き起こす要因にもなりますので、八千代幼稚園では以前から紙を丸めたものを
事前に用意して、これにて豆まき体験を行っています。
未就園児のいちごサークルでは鬼のお面を作成したあと、鬼に扮装した先生が登場。
在園児と一緒にみんなで鬼に向かって豆まきを行いました。
学芸会の次の日でしたが、どの学年もみんな元気いっぱいに節分・豆まきの行事を楽しんでいました。

〇檜の枡
長さや重さの単位はグラムやcmであり、古い単位の『尺貫法』と呼ばれる単位は
日常では使用されません。
ただし有名なお話の一寸法師は1寸(すん;3.0303cm)の単位が使われます。
 昔話以外にも、ご飯は今でも1合2合と炊く量を決めています。
1合は約180mlのお米を使って炊いたご飯となります。
日本酒の単位でも合は用いられます。そもそも日本酒の瓶の単位が一升瓶であり、
そこにmlを付けなくても成立しています。

このように我々の暮らしでは、意外と昔ながらの生活単位も残っていたりします。

今年の節分には豆まきに昔から使われている枡(ます)をお渡ししました。
テレビなどでお相撲さんが枡に入った豆を撒いているシーンを見たことがあるかと思います。
今回お渡しした枡は八勺枡(はっしゃくます)で、外寸サイズは幅(W)82×奥(D)82×高(H)57mm。
容量は約0.014リットル=140ml。 1合枡よりも一回り小さなサイズです。

我が国は森林に恵まれており、入れ物として木の香りのする枡を使用していたことなど、
先人の知恵や暮らしの一部に子供たちが触れる機会も大事にしたいと思っております。
御家庭でも同様の機会になればとの思いから、昔ながらの檜の枡をお渡しいたしました。

IMG_1812.jpg

IMG_1816.jpg
posted by 八千代幼稚園 at 14:41| お知らせ

令和5年度八千代幼稚園の学芸会が行われました


昨日(2月1日)、無事に学芸会が終了致しました。
学芸会の会場は、昨年に続き梅田学習センター(エルソフィア)のホールをお借りしての開催となりました。
学芸会とは子供たちに表現・創造に関する活動の楽しさを体験させるとともに、合唱などを主とする特別なプログラムを編成する総合的な教育活動になります。
本格的な舞台にて、練習してきた演劇・ダンス・合唱・合奏などを精一杯表現できたものと思います。

保護者の皆様には最後まで拍手などで応援をしていただきありがとうございました。
子どもたちにとっては練習とは違う場所でしたが、臆することなく楽しそうな表情がみえました。

また300の席数を有するホールで実施したので、1日で3学年すべてと今年は初めて2歳児クラスも加えてお見せすることができました。
保護者の皆様には、学年ごとの成長過程をお見せできたのではないかと思います。
今後も保護者の皆様と共に、八千代幼稚園の教育活動の向上に努めてまいります。
学芸会に関して気になったことなどございましたらお知らせください。
posted by 八千代幼稚園 at 11:08| お知らせ

2024年01月23日

八千代幼稚園おはなし会が行われました

千住新橋近くの足立区立中央図書館では、定期的に絵本のおはなし会を開催しています。
昨日(1月22日)は「八千代幼稚園おはなし会」として、八千代幼稚園に出張して来ていただき、
3学年それぞれに合う絵本の読み聞かせの会を行ってもらいました。
今年度は、6月に続き2回目のおはなし会となりました。
仕草のある歌を途中に加えながら、絵本、大型絵本などを学年毎に行いました。

子供達はみんな楽しく絵本の世界と向き合いました。
このような機会を今後も続けていきたいと考えています。

IMG_1792.jpg


IMG_1796.jpg



IMG_1797.jpg
posted by 八千代幼稚園 at 09:42| お知らせ

2024年01月19日

西新井警察による交通安全の指導と本日お渡しした防災備品について

お正月の元旦に能登半島地震が起こりました。
未だに行方不明者が多く、ライフラインの復興もままならない状況です。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族の皆様にお悔やみ申し上げます。
また被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

八千代幼稚園では地震などの災害があった際に備えて、防災備品を蓄えております。
防災備品の中に、今年の2月に期限が切れる飲用水と食料があります。
その分に関しては既に手配済みで来週前半には到着予定となっております。

大きな災害が起こったばかりという状況を鑑み、2月に期限の切れる飲料水と食料を、
家庭での練習用に活用できればとの思いから、お配りすることにいたしました。
また期限の切れた飲用水は生活用水としても役立つと思いますので御利用してみてください。



本日(1月19日)西新井警察から3名の警察官に来ていただき、交通安全教室を行いました。
はじめに警察官のお話があり、続いてビデオにて交通安全の重要さを教わりました。
後半は園庭に横断歩道を作り、信号が2台設置されて、実際に安全な横断方法を練習しました。
最後にクラスごとに警察官3人と一緒に記念写真をとって終わりとなりました。


園庭に突然現れた横断歩道と信号機
IMG_1771.jpg





手を挙げて横断歩道を渡っているところ
IMG_1777.jpg

posted by 八千代幼稚園 at 16:14| お知らせ

2024年01月12日

もも組とうめ組の公開保育が行われました

本日はもも組とうめ組の公開保育が行われました。
保護者の皆様にはお忙しい中、たくさんの御参加ありがとうございました。

本日の公開保育はもも組、うめ組とも水間先生によるハワイアンリトミックが行われました。

12月のブログにも書きましたが、ハワイアンリトミックはハワイアンミュージックに合わせて体を動かすことで、親子のコミュニケーションをはかり、子ども達の心と体を養う教育の一つです。
ハワイアンリトミックでは、親子で踊ったりふれあい遊びをしたり、楽しい時間を過ごします。

最初に色とりどりのアロハやムームーを円形に準備していました。
子供達が自分で好きな物を選び、着る所からすでに楽しい時間でした。
講師の水間先生はウクレレを弾きながら歌い踊り、飽きることのない楽しい時間となりました。


八千代幼稚園ではハワイアンリトミックを積極的に取り入れていく予定です。

IMG_1758.jpg






IMG_1760.jpg






IMG_1769.jpg
posted by 八千代幼稚園 at 14:55| お知らせ

2024年01月05日

「新年の挨拶に代えて」


元旦の夕方に石川県で最大震度7の「令和6年能登半島地震」が発生しました。
依然として余震が続き、人的被害・津波警報・火災・停電断水なども報道されています。

地震や津波に見舞われた地域の皆様がご無事でありますこと、また安全に避難出来ていることをお祈り申し上げます。

被害にあわれた皆様には謹んでお見舞い申し上げます。
被災地の皆様の安全の確保、そして一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。
posted by 八千代幼稚園 at 10:59| お知らせ

2023年12月27日

出生数の減少について思う事

今回は幼児教育の現場にいるものとして、国の根本となるべき出生率についてまとめてみました。

数年のコロナ禍が続く中、昨年にはロシアによるウクライナ侵攻までが起こってしまいました。
不安定な国際情勢のみならず、エネルギー価格や食品の高騰に見舞われました。
エネルギーも食料も輸入に頼る日本では大きな影響が生じ、
とりわけ子育て世帯にとっては大きな負担となっています。


2006年に110万人を切った出生数が、2016年に100万人を切るまでは11年間かかりました。
それが、2019年の90万人を切る状況から2022年の80万人を切るまで3年しか要していません。

もちろん、80万人を下回ったのは統計開始以来初めてのことです。

出生数の低下は加速度を増しています。

7年連続で過去最少。

6年で2割減。

国立社会保障・人口問題研究所(社人研)は2017年に示した将来推計で、
日本人の出生数が77万人台になるのは2033年としていました。
しかし現実には、10年も早い2022年に落ち込んでしまったのです。

この傾向が続けば、「社会保障制度や国家財政の維持が厳しさを増す」
などという政治レベルでは済まなくなる大問題になるのは避けられない。

「出生率が低下している」ではなく「出生率が加速度的に低下している」が正しい状況でしょう。
国として、この出生率以上に最優先で取り組むべき事案はないのではと私は考えています。

日本の人口半減のタイムリミットは2025年頃までと言われて久しい。
もう時間的余裕はないのです。
それはすべての政治家だって知っているはず。

タイムリミットがせまる中、東京都が先に「多様な他者との関わり」事業を来年スタートします。
まだ不確定要素が多いですが、八千代幼稚園はこの事業への参画を予定しています。

国策として、政府こそがもっと本気で取り組む姿勢を我々に見せてほしいところです。
posted by 八千代幼稚園 at 10:58| お知らせ