2022年10月27日

さわってはいけない虫の指導と害虫駆除実施のおしらせ


毎年秋の芋ほり遠足の時は、畑周囲でいろいろな昆虫を園児が捕まえていました。
荒川土手でもよく見かけるショウリョウバッタやイナゴなどのほかに、昨年は秋の音色で知られるクツワムシを捕まえた園児がおりました。
今年は芋ほりを川越に変更するにあたり、10月の時点で活動している、園児が触ってはいけない虫のリストを作成して園児にも説明しました。また季節を問わず触ってはいけない虫の指導も行いました。
今回芋ほり遠足に選んだ川越の芋畑は、管理が行き届いており雑草がすべて除かれ、前日の芋ほり場所は整地されていたので、結果的には畑で気になる虫は見かけませんでした。
八千代幼稚園ではゴキブリなどの害虫駆除を行いました。
10月13日(木)に専門業者に来てもらい事前調査を行い、10月17日(月)にごきぶりホイホイ式のトラップを幼稚園内の全室に設置しました。
10月22日(土)に害虫駆除専門業者による害虫駆除を行いました。
22日当日は保育室、ホール、事務室、台所、教材室、トイレなどのすべての部屋に薬剤散布しました。園庭の壁際やマンホール内、水道の下まで薬剤散布を行いました。
今回使用した薬剤はスミチオンNP-FL系(昆虫に対して強い殺虫力を有し低毒性の乳剤)で、保育園・幼稚園でよく使われる子供が触っても安全なタイプだそうです。マンホール内や子供の入らないところはより殺虫性の強いスプレーも併用しました。
これからも子供達の安全性に配慮して保育を行う所存です。
posted by 八千代幼稚園 at 14:42| お知らせ