2024年02月06日

八千代幼稚園にて「森の教室」が行われました

森の教室とは、子供たちに「昔から日本人が森林と深く関わり生活してきたこと」や、
「森林が持つ様々な役割 とその大切さ」を伝えるために始まった、
農林水産省傘下国土緑化推進機構主催の全国巡回型のプロジェクトです。
子供たちに児童劇の形で森の重要性を教えるプロジェクトです。

劇にはどんぐりくんとふぁみたんというキャラクターも登場し子供達は大喜びでした。
どんぐりくん:森づくりの名人で日本中の森を育て、守り、多くの動物たちと森で暮らす森の住民。
ふぁみたん:森づくりのためにつくられたAIロボットで、どんぐりくんの森づくりをサポートする大切なお友だち。※夢の懸け橋募金として緑化運動を継続しているファミリーマートのキャラクター。

最後に用意したプランターに全員でどんぐりを植えて終了となりました。

森の教室はかなり大がかりな舞台設定と音響でした。
10時から開演の2時間前には先発隊が到着しており、分かりやすくて楽しい劇となっていました。

八千代幼稚園では今後もこのような機会を提供していければと考えています。


今回の八千代幼稚園の公演用に準備されてきた公演の看板
IMG_1818.jpg




   ホールに完成した舞台装置
IMG_1820.jpg












森のお姉さんとどんぐりくんとふぁみたん
IMG_1833.jpg
posted by 八千代幼稚園 at 11:03| お知らせ