2022年05月23日

春の親子遠足が無事終了いたしました。

長く続いているコロナ禍の影響で、八千代幼稚園の親子遠足は2年ぶりでした。
久々の遠足ですので、楽しいだけではなく、出来る限り教育効果をも求めたい。
そのような遠足場所はないだろうかと調べ、下見して、船橋アンデルセン公園となりました。

アンデルセン公園は北と南で全く違う顔を持ちます。
南口のメルヘンの丘ゾーンには、写真映えする大きな風車と共に、よく手入れされた花壇が多くあります。
少し進んだ子ども美術館ゾーンでは制作体験のできるワークショップが利用できます。

一方北のわんぱく王国ゾーンでは子供たちが思いっきり楽しく遊べるじゃぶじゃぶ池、
巨大な滑り台など、多くの遊具が設置しています。
中間地点あたりには種々のアスレチックやポニーやヤギなどの動物もいます。

今回の遠足では最初に子ども美術館ゾーンにてワークショップを予約し、
菊組さんは写真立て作り、桃組・梅組さんはキャンドル作りを体験してもらいました。
作ったものは記念にお持ち帰りしていただき、ここで自由行動といたしました。

集合は北口のバス内としましたので、必然的に動物触合広場のエリアを通ります。
ポニーの広場の他にも、ヤギ、ヒツジ、ウサギ、モルモットなどを見る機会も大事です。

ここを超えるとなだらかで広大な北のわんぱく王国ゾーンに来ます。
芝生広場、じゃぶじゃぶ池、わんぱくボール島、大滑り台、わんぱく城、じゅえむタワー等、
子どもが夢中になる施設がいっぱいあります。

この日は天気も良く、すべての施設で八千代幼稚園の園児の笑顔を見る事が出来ました。
また、たまたまフジテレビ「もしもツアーズ」の撮影が入っておりました。
キスマイの藤ヶ谷さんが歩くと「キャー」という声が上がり、ボートでの撮影では「ちょっとだけ静かにお願いします」と周囲の人垣に言うシーンもありました。

2年ぶりの遠足は皆様のご協力のもと、無事に終了することが出来ました。
今回の遠足に関して疑問点などありましたら教えて下さい。
今後の参考にさせていただきます。


image4.jpeg



image8.jpeg



image2.jpeg



image0.jpeg
posted by 八千代幼稚園 at 17:12| お知らせ

2022年05月11日

訃報


八千代幼稚園 理事長 千葉榮典は5月2日に93歳にて永眠いたしました。
葬儀は故人の遺志、及び昨今の状況を鑑みて家族のみにて執り行いました。
謹んでお知らせするとともに生前中に賜りましたご厚誼に心より感謝申し上げます。
尚、お供えやお香典につきましてはご辞退させていただくことをご了承下さい。
posted by 八千代幼稚園 at 15:36| お知らせ

2022年04月28日

いちごサークルの今後の予定のお知らせ

未就園児のお子様が対象のいちごサークルの今後の予定です。

【日程】
*5月27日(金)自由園庭開放
*6月24日(金)入園説明会(令和5年4月からの入園をお考えの方向けの説明会です)
*7月 7日(木)七夕まつり


5月27日(金)自由園庭開放の時間
   10:00〜11:00
お外で公園のように自由に遊んでいただきます。
ぜひお越しください。

雨天時は体育館で行う予定です。
親子とも室内履きをご持参ください。

※予約などは不要です※


コロナ感染防止のため、当日に親子とも検温を行っていただき、
体調が悪くないことを確認しての御参加をお願いします。
また親子ともマスク着用・ご持参ください。
体調のすぐれない方、濃厚接触者の方はご利用をご遠慮ください


※コロナ感染状況などによっては内容の変更、
延期や中止となる場合もありますことをご了承下さい。

その場合はこのブログにてお知らせいたします。


※6月24日、7月7日の詳細は決まり次第HPなどでお知らせいたします。
posted by 八千代幼稚園 at 18:08| お知らせ

2022年04月27日

鯉のぼりを飾りました

八千代幼稚園では園庭に大きな鯉のぼりを飾っております。
風になびく鯉のぼりを見るとこどもの日が近いことが感じられます。

鯉のぼりの始まりは江戸時代と言われています。
実は真鯉、緋鯉の鯉のぼりよりも、鯉のぼり飾りの1番上にある「吹き流し」の方が早くから飾られていました。
吹き流しだけであれば、もっと昔の戦国時代から使われてきたといわれています。
吹き流しには魔除けの意味が込められていて、5色で作られているものが多いです。

自然界のものは5つのもの(木・火・土・金・水)から成り立つという、古くからの中国の考え「五行説」が影響していて、自然災害や病気から子どもたちを守り健やかに成長していってほしいという願いが込められています。

鯉のぼりを華やかに見せるための単なる飾りの1つと思われがちな吹き流しですが、古くから多くの人の願いや気持ちを表し、飾られていたようです。


IMG_0588.jpg


IMG_0590.jpg
posted by 八千代幼稚園 at 10:26| お知らせ

2022年04月13日

令和4年度さくら・ひよこ組の入会式が行われました

本日の午後1時30分から令和4年度のさくら・ひよこ組の入会式がホールで開催されました。
つつがなく入会式が終了した後、園庭にて楽しく遊びました。
皆さん5月から元気に登園してくることを楽しみにしております。



未就園児のお子様が対象のいちごサークルの開催も改めてお知らせ致します。
4月20日(水)10:00−11:00に園庭開放を行います。
予約は不要です。詳しくは前回のブログを参照してください。




IMG_1209.jpg

IMG_1215.jpg
posted by 八千代幼稚園 at 17:00| お知らせ

2022年04月12日

園庭開放(いちごサークル)のお知らせ

未就園児のお子様が対象のいちごサークルを行います。

日時:4月20日(水)
   10:00〜11:00
※予約などは不要です※

コロナ感染防止のため、当日に親子とも検温を行っていただき、
体調が悪くないことを確認しての御参加をお願いします。
また親子ともマスク着用・ご持参ください。

お外で公園のように自由に遊んでいただきます。
ぜひお越しください。


※コロナ感染状況などによっては内容の変更、
延期や中止となる場合もありますことをご了承下さい。

その場合はこのブログにてお知らせいたします。
posted by 八千代幼稚園 at 17:24| お知らせ

2022年03月03日

ひな人形について


昔は乳幼児の死亡率が高く、子供が無事に成長するために、穢れを移す身代わりの人形を子供の枕元へ置いて、災厄を祓う風習がありました。

雛人形の原型は厄を祓った「ひとがた」を立体化したものとも言われています。
やがて時代と共に、雛人形は立派で豪華絢爛なものになります。
雛人形を「飾ること」で厄を祓う形へと変化していきました。
今も昔も子供が健やかに育ち幸せになって欲しいとの願いが込められているわけです。

お内裏様は天皇を表していると言われています。手に木製のしゃくを持っていて、刀は左脇下に挟むように置きます。冠は天皇のみ着用を許された格式高いかぶり物です。お雛様はお滑らかし扇を持っています。木の板を紐でつないで飾り紐を付けています。

三人官女は真ん中が座りで、左右が立っているお人形です。左右の官女は足が出ているほうが雛壇の外側に飾ります。また関東の三人官女と京都の三人官女とでは持ち物が違っています。
いずれにしても官女は後宮にいて、お雛様の近くに居た位の高い人物ということになります。
またお雛様と官女までが「大垂髪:おすべらかし」という髪型が許されます。大垂髪は江戸時代に完成された髪型です。そして、お雛様のほとんどがその大垂髪になります。前髪を上げ、両サイドの髪が張り出した部分が特徴で私的にはハート型のイメージです。

実際に我々は、令和元年の5月にこのおすべらかしを見る事が出来ました。新天皇の即位の礼の際、雅子皇后が儀式の際に「大垂髪(おすべらかし)」という髪型をされていました。おそばにいた女官(女官で合っているかは不明です)もおすべらかしでした。そこにはひな人形の世界観が残されていました。


八千代幼稚園では毎年7段飾りのひな人形をこの時期はホールにて飾っております。

IMG_0022.jpg







※髪型を見てもらうため7段すべてを写してはおりません
posted by 八千代幼稚園 at 14:12| お知らせ

2022年02月28日

お別れ遠足と学芸会が無事終了いたしました

2月24日のお別れ遠足と本日2月28日の学芸会が無事終わることが出来ました。
お子さんの不織布マスクの比率も大きく上がったことを実感しています。
これもひとえに保護者の皆様の一層の感染対策の実施・継続の賜物だと思います。

今後も子供たちの成長を見守り、今しかない時間も大事にしていきたいと考えています。
コロナ禍自体は終わりが見えませんが、今後とも幼稚園へのご協力をお願い致します。

posted by 八千代幼稚園 at 16:26| お知らせ

2022年02月04日

3年目に入った新型コロナ感染症とその対策

新型コロナの流行が3年目に突入してしまいました。

菊組さんは幼稚園に入り桃組さんの冬休み明けから現況の感染対策最優先の生活へ。
梅組さん、桃組さんは入園当初から感染対策最優先の幼稚園生活を送っています。

子供の成長に大事な時期だからこそ、八千代幼稚園ではコロナ対策したうえで、いろいろな体験をさせてあげたいと思っています。
昨年秋は一時的に感染が弱まり、小学校の校庭を借りた運動会が2年ぶりに出来ました。
砂の園庭で鍛えた自慢のかけっこも、大きく広がったダンスも保護者に十分お見せ出来ました。
ちなみに小学校のリレー選手は八千代幼稚園出身者が多いそうですよ。

同じく秋には芋ほり遠足も無事に行くことが出来ました。
大きなサツマイモがこれまでにない大豊作でした。
自然に触れ合うこと、農作物の収穫、さらに農業公園にて色々な植物を見る事も出来ました。
野外で一人で、シートを広げお弁当を食べる。後片付けをする。
これも遠足のサツマイモ以上の大事な収穫です。


さて、現在はオミオクロン株による第六波が猛威を振るっています。
そんな状況でも、子供たちに色々な体験をさせてあげたいという思いは変わりません。
子供の日々の成長や物事の吸収力を大事にしたいとも思っています。

2月24日には菊組さんのお別れ遠足が予定されています。
八千代幼稚園では、状況が変化しない限りお別れ遠足を行います。
そのためにも、より一層の感染対策のご協力をお願い致します。
コロナ対策も3年目に入り、子供用の不織布マスクも普通に買えるようになりました。
可能であれば、より一層の感染対策として不織布マスクの使用をお勧めします。
posted by 八千代幼稚園 at 14:18| お知らせ

2022年01月26日

2月3日の豆まきのお知らせ

いちごサークルで2月3日に豆まきを検討しておりましたが、
コロナ感染が拡大しているため、
今年度は中止とさせていただきます。
皆さまにお会い出来ます次の機会を心待ちにしております。
posted by 八千代幼稚園 at 15:56| お知らせ